令和3年度射水商工会議所青年部会長 
氷見 慎司 

この度、歴史ある射水商工会議所青年部の第 43 代会長を拝命致しました。その責任の重さを感じながら、身に余る栄誉と思い、誠心誠意努め素晴らしい一年にしていきたいと思います。
昨年は新型コロナウィルスが蔓延し、感染拡大を防止する為緊急事態宣言が発令される未曾有の事態に陥りました。当青年部においても事業の中止や規模縮小など、今までのような活動運営ができない事態が起こりました。しかし我々はこの状況で踏み留まらず、リモートによる講師例会やクリスマス会、新湊の街に賑わいを創出するクロスネーションなど新しい事業を行うことで、この事態を乗り越えてきました。今後はさらに活動を発展させていく時と考えます。
そこで今年度のスローガンは「共に前進~楽しい事やろまいけ!~」と致しました。コロナ禍で今までの常識は一変しました。しかし、悪いことばかりではなく視点を変えれば、各々の事業所でも、青年部活動でも新しい様式を模索し実行に移すチャンスの時ではないでしょうか。志の高い青年部メンバーと知恵を出し合い、力を合わせることで共に前進していきましょう。
私は「楽しい事やろまいけ!」をキーワードにします。青年部活動をただこなすのでは楽しむことは出来ず、得られるものも少ないでしょう。一方、楽しく挑戦し続ける気持ちを持って取り組めば、必ず得るものがあります。それは「自信」や「教養」であったり、「仲間」や「事業所発展」など人それぞれ違うでしょう。自分なりに真剣に青年部活動を楽しんでみてください。そうすれば、前に進む気持ちがみなぎってくるはずです。その結果、自己成長し、事業所が繁栄し、地域の発展につながると確信しております。
近年私たち射水YEGでも会員数は減少傾向にあり、青年部活動への影響が懸念されています。そこで新入会員が増加するよう入会するメリットを積極的に発信し、入会したメンバーが活躍しやすい環境を整えることが必要です。メンバー同士交流を重ね、つながりを築けられるような事業を設けることで、メンバーの定着に繋げていきたいと考えます。
最後になりますが今年もコロナ禍で活動が制限されることが予想されます。こんな時だからこそ立ち止まらず、前を向いて青年部活動に取り組んでいく所存です。皆様のご協力、ご支援の程よろしくお願いいたします。